« 晩秋の愛宕山にあきる野三里を探せ | トップページ | 運のいい子 »

庭の月桂樹

 これも去年アップしそこねたネタ。
 月桂樹の覚え書き。

 うちの月桂樹の木は、もういつだったか覚えてないくらい前に苗木を植えたもので、それが今では大木になって手が付けられなくなっている(若木のころに、ちゃんと手入れしなかったもんで)。
 おまけに、枝と枝が高尾山の蛸杉みたいにくねくねとへんなふうに伸びて、からみあって、すごいことになっていた。それに、蘖(ひこばえ)がやたら元気。
 樹木の専門家・ふるだぬき先生に診ていただいたところ、枝がからみあってすごいことになってるせいで木が弱っていて、ひこばえは、そろそろ寿命かもしれないとさとった木が子孫を残すために出てきているらしい。なるほど。
 太い幹は切ってしまって、ひこばえを育てて株立ちにしようかとも思ったが、すごいことになってる枝を切り落として、全体に枝を減らしてすっきりさせ、ひこばえも全部切ってしまったら、見栄えもよくなり、その後ひこばえも沈静化したようなので、株立ち化計画は保留とした。

 この月桂樹、クリスマス用リースを作るのに合わせて、毎年12月初旬に強い剪定をする。とにかく1年でびんびんに伸びてしまうので、切らないとたいへん。あまりいい写真ではないが、この赤い線のあたりでバッサリと。

050112laurel

 切った枝でリースを2つ3つ作ってもまだまだ余るので、「ご自由にお持ちください」と書いて家の前に置いておいたりしたが、結局は捨ててしまうのがほとんどだ。捨てるといっても、ゴミ袋に入るように細かくしなければならず、たいへんだった。しかし今年は楽勝。買ったばかりのガーデンシュレッダーが大活躍。月桂樹の枝のように真っ直ぐでピンとしているのは、大得意だった。もっと早く買えばよかったガーデンシュレッダー。

G041121-03.jpg
(この枝は月桂樹じゃないけど)。

 今年は、いつでも誰かにあげられるように、葉っぱだけを乾燥させてとっておくことにした。保存するのなら、そのままより、いったん熱を加えた方がいいというのをどっかで読んだ。色止めになるようだ。そのまま乾燥させると、日が経つと茶色っぽくなってしまうが、酵素を止めることで緑色を保てると書いてあったような気がする。再度確認しようとちょっとぐぐってみたが色のことについての記述は見つけられなかった。しかし、乾燥させることをすすめているところが多い。香りかまろやかになるようだ。アクが抜けて香り高くなるという説もあった。さらに、苦味もなくなるんだとか。もちろん、生葉での使用も可。生葉か乾燥葉かは好みで選ぶとよいようだ。しかし、生で使うと苦い? 経験ないんだけど。

 さて、加熱するため、まずは葉っぱだけを枝から外す作業。どうせなら見栄えの悪い葉っぱはよけておこうとしたため、これが一番めんどうだった。破けてるのや、色の悪いのや、形の悪いのや、虫が食ってるのや(虫が食うのか?)。梅干しの赤シソをむしるのもたいへんだが、こっちの方が歩留まり(?)が悪いので、数は少なくても選別に手間がかかる。売ってるのが高い理由もちょっとわかる気がした。
 ざっと洗ってザルにあげる。
 山ほどあるので茹でるのはめんどう。圧力鍋にめいっぱい押し込んで短時間蒸してみた。
 蒸し上がった葉っぱは濡れている。1枚1枚拭くなんてことはやってられないので、てきとうにバスタオルの上に広げて表面があらかた乾くまで数日置いたところ、表面に色むらができていた。拭かなかったせいかと思ったが、どうもオイルがしみ出して固まっているように見える。まあ問題ないだろう。ザルに移して完全に乾くまでしばらく放置。
 この後、スパイス売り場に売ってるようにぺたんこでピンとしたのにするには、重しをのせて乾燥させるか、アイロンをあててから干すらしいが、そんなめんどうなことはやってられるかい、ということでこれでできあがり。

 何人かの友人に別件で荷物を送るついでにもらっていただいたが、まだまだあるぞ。ほしい人取りに来てください。
 来年以降もご希望なら、着払いでお送りします。ただし、枝付きで。生でも、乾燥させても、ご自由にどうぞという心くばり。ではなくて、葉っぱをむしるのがめんどくさいだけよ。それともう1点、加熱したあと圧力鍋がたいへんなことになっていたのだ。暮れに黒豆を煮たとき、豆も煮汁も月桂樹くさくなってしまった。お正月にあずきを煮てぜんざいを作ったときも、餅米を蒸して中華おこわを作ったときも、月桂樹の香りがいっぱい!になってしまった。1か月経ってもまだ抜けない。これはまいった。乾かすときに使ったバスタオルを、洗濯せずにそのまま使ったときも強烈だったっけ。いきなり顔を拭いてむせた。月桂樹恐るべし。

 最後に、ぐぐって見つけた月桂樹のその他の利用法。

●箪笥やクローゼットの中に乾燥した葉を入れると防虫剤として効果がある。
●小麦粉の容器に入れておくとコクゾウムシの害から守ることができる。
●スモークするときのチップに利用できる。

 あの黒豆の体験からすると、月桂樹だけでスモークしたら、凄まじいことになりそうだ…。

|

« 晩秋の愛宕山にあきる野三里を探せ | トップページ | 運のいい子 »

コメント

ひこばえが収まれば、また元気よく育ちますよ。
上に伸びる気がなくなるってことは、人生半ば過ぎ・・・
下り坂って事でもありますしね。

まだまだ上り坂気分でがんばりたいものです
(って、私も身体が全体に上り坂・・・ってダメじゃん!)

投稿: ふるだぬき | 2005/01/14 22:17

人生下り坂で上に伸びる気がなくなっても、横には伸びるんですよねぇ…。上に伸びるのは体重のグラフの線ばかり?

投稿: ドド子 | 2005/01/18 13:26

私の場合、健康診断でも右肩上がりのカーブです。
多分今年は、「要治療」のランクまで格上げされることでしょう。

投稿: ふるだぬき | 2005/01/19 23:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 庭の月桂樹:

« 晩秋の愛宕山にあきる野三里を探せ | トップページ | 運のいい子 »