« 2/16今日のオマヌー | トップページ | のらぼうの季節 »

オートマ車のブレーキは左足で

2年ほど前から、オートマチック自動車のブレーキは左足で踏んでいる。きっかけは、雑誌のエッセイで、左足で踏んでいる人の体験談を読んだことだった。ときどきオートマチック車でブレーキとアクセルの踏み違えで突っ込む事故があるが、アクセルは右、ブレーキは左としてしまえば間違うこともない、というのにいたく納得したからである。そして、そうしてからは非常に快適であることが書かれていたからだ。

利き足でない左を使うことは不安はあったが、試してみる価値はあると思った。免許を取ってからずっとマニュアル車に乗っていたものの最近はほとんどオートマチック車ばかりで、ブレーキとアクセルの踏み違いは、事例を見聞きするたびにこわいと思っていたので。
だいたい、利き足でない左といっても、それは手が右利きだから足も右利きだと思っているだけであって、左利きの人が足も左利きだとしたら、左利きの人のほとんどは利き足でない足でブレーキを踏んでいることになる。だからどうだという話は聞いたことがない。

練習は、交差点で止まることが多い一般道を避け、空いた高速道路を走ったときからを始めた。最初のうちは、力の入れ加減、抜き加減がわからず、ギュッと踏んでガクンとなってしまったが、高速を下りるころには慣れた。思ったよりも短時間で慣れるものなんだな。それ以来ずっとブレーキは左足で踏んでいる。
左足ブレーキにしてから、ブレーキとアクセルを踏み間違えることがないという安心感を手に入れただけでなく、車庫入れや渋滞時など、アクセルとブレーキを頻繁に踏み替えるとき、ずっと便利になった。アクセルとブレーキをいっぺんに踏めるんだから、当然だ。たまにマニュアル車に乗ることもあるのが心配だったが、そのときはちゃんと左足はクラッチの足に切り替わってくれる。これもだいじょうぶだ。

さて、夕べ今月号のJAF機関誌「JAF MATE」を読んでいたら、「それで急ブレーキが踏めますか?」という記事が目にとまった。履き物やシートポジションが急ブレーキにどのように影響するかを調べた記事だが、「思うようには踏めない急ブレーキ」という見出しで始まり、急ブレーキを確実にかけるには、次の3つの要素があると書かれていた。
(1)早い反応時間
(2)素早いブレーキの踏み込み
(3)強いブレーキを踏む力の維持

「早い反応時間」は、アクセルからブレーキへの踏み替えの早さに大きく左右される。左足ブレーキなら、踏み替える必要はないのでこの点非常に有利であるが、気になったのは、残りの2つだ。この点が、左足は右足に比べてどうなんだろうと思ったが、一晩寝たらそんなことはすっかり忘れていた。

一夜明けて今朝の出勤時。片側2車線の道路の右側を走っていたら、前方の信号が青になり、信号待ちの車の列が動き出した。ここは左折が多いので、右側はどんどん進むが、左側は歩行者の横断を待っているようでなかなか動き出さない。私は直進なので、動き出した右側の列に続いてそのまま交差点を抜けようとした、

そのとき!

のろのろと動き始めていた左側の列にいた大型貨物トラックがいきなり右車線にはみ出してきた。
無意識のうちに急ブレーキをかけて、止まった。幸い、スピードはたいして出ていなかったので、スピンすることもなく止まった。びっくりしたなあ。「何やってんだよ! ウインカーも出さずにいきなり車線変更するな、バカ!」と、聞こえもしないのに悪態ついてしまった。奥様、お里が知れますわよ。
トラックは、右に車線変更しようとしたのではなく、車体が長くて交差点を曲がり切れないので、いったん右にハンドルを切ってから大回りで左折しようとしたのだった。まったくもう。危ないったらありゃしない。

そのとき、夕べ読んだ急ブレーキの記事を思い出した。足下を見ると、ブレーキを、左足と右足の両方で踏んでいた。
おお、えらいじゃん、私の両足。右足だけでアクセルとブレーキを踏み替えて運転していたときには、こんなことは一度もしてなかったと思う。
左足はブレーキの足。右足もブレーキを踏める足。これなら急ブレーキも安心かな。

|

« 2/16今日のオマヌー | トップページ | のらぼうの季節 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オートマ車のブレーキは左足で:

« 2/16今日のオマヌー | トップページ | のらぼうの季節 »