« 2005年2月 | トップページ | 2006年2月 »

のらぼうの季節

「のらぼう」というのは、私のふるさと五日市特産の野菜。これが出てくると、ああ春だなあと思う。
ほとんど地産地消でごく一部が昭島市の市場に出る程度なので、知名度は低い。ネットでなにそれ?と聞かれたときは、たいてい「これを読んでね」と紹介している。遊民さんが「散歩」の達人という雑誌に書いた記事。便利(笑)。
http://www.yu-min.jp/food_culture/yasai04.html

今朝の東京新聞の首都圏情報のページにも、のらぼうの紹介記事が出ていた。ネットでも読むことができる。
http://www.tokyo-np.co.jp/yume/ajitanken/20050324.html

この記事に出てくる平山重雄さんは、遊民さんの記事にも写真入りで出てくる有名人。秋に、自転車が届いたばかりのとき、写真に写っている畑のところを走っていたら、平山さんに会った。まだのらぼうの苗が数センチのころ。聞くと、いろいろな種類ののらぼうを植えて、生育状況を見ているとのことだった。
あれからちょうど半年、少し前に買ったときはまだハシリで高かったのらぼうが、そろそろ最盛期で、値段も下がってきた。近所の畑に植わっているのらぼうを見て、今年は大きくなるのが遅いなと思っていたが、新聞記事によるとやはり出荷時期が10日ほど遅く、3月20日からようやく出荷されたそうだ。

どうやって食べてもおいしいけど、やっぱりおひたしがいちばん。葉っぱよりも、太くて柔らかい茎が美味。採ってから日をおくとスジっぽくておいしくないので、なるべく新鮮なうちにね。

食べてみたい方、ぜひ遊びに来てください。歓迎。
家で食べてみたい方は、こちらへどうぞ↓。宅配注文可だそうです。
JAあきがわ五日市ファーマーズセンター「あいな」
電話042−596−1280

http://www.nisitokyobus.co.jp/tiisanatabi/osusume/itukaiti.htm
今日は一束150円。

いっしょにぜひ「あきる野三里」も食べてみてね。「あいな」でも売ってます(たぶん)。
小麦はケンさんが「多摩農園」で作ってます。

浅漬けの作り方が書いてあるページ見つけたので、忘れないようにリンクしとこっと。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2006年2月 »