« オートマ車のブレーキは左足で | トップページ | ウッドデッキ塗り替え »

のらぼうの季節

「のらぼう」というのは、私のふるさと五日市特産の野菜。これが出てくると、ああ春だなあと思う。
ほとんど地産地消でごく一部が昭島市の市場に出る程度なので、知名度は低い。ネットでなにそれ?と聞かれたときは、たいてい「これを読んでね」と紹介している。遊民さんが「散歩」の達人という雑誌に書いた記事。便利(笑)。
http://www.yu-min.jp/food_culture/yasai04.html

今朝の東京新聞の首都圏情報のページにも、のらぼうの紹介記事が出ていた。ネットでも読むことができる。
http://www.tokyo-np.co.jp/yume/ajitanken/20050324.html

この記事に出てくる平山重雄さんは、遊民さんの記事にも写真入りで出てくる有名人。秋に、自転車が届いたばかりのとき、写真に写っている畑のところを走っていたら、平山さんに会った。まだのらぼうの苗が数センチのころ。聞くと、いろいろな種類ののらぼうを植えて、生育状況を見ているとのことだった。
あれからちょうど半年、少し前に買ったときはまだハシリで高かったのらぼうが、そろそろ最盛期で、値段も下がってきた。近所の畑に植わっているのらぼうを見て、今年は大きくなるのが遅いなと思っていたが、新聞記事によるとやはり出荷時期が10日ほど遅く、3月20日からようやく出荷されたそうだ。

どうやって食べてもおいしいけど、やっぱりおひたしがいちばん。葉っぱよりも、太くて柔らかい茎が美味。採ってから日をおくとスジっぽくておいしくないので、なるべく新鮮なうちにね。

食べてみたい方、ぜひ遊びに来てください。歓迎。
家で食べてみたい方は、こちらへどうぞ↓。宅配注文可だそうです。
JAあきがわ五日市ファーマーズセンター「あいな」
電話042−596−1280

http://www.nisitokyobus.co.jp/tiisanatabi/osusume/itukaiti.htm
今日は一束150円。

いっしょにぜひ「あきる野三里」も食べてみてね。「あいな」でも売ってます(たぶん)。
小麦はケンさんが「多摩農園」で作ってます。

浅漬けの作り方が書いてあるページ見つけたので、忘れないようにリンクしとこっと。

|

« オートマ車のブレーキは左足で | トップページ | ウッドデッキ塗り替え »

コメント

こんばんは
まだまだ寒い日がありますが、ノラボウの収穫やいろいろな野菜の種まきが始まり農家としては春を感じています。
農家の食事は季節の野菜がメインなので、これからは毎日3食ノラボウが出てきて飽きるのも時間の問題です(笑)。

それと最後のリンクですが、ページが出ないですね。
もしかしてここ?
http://www.agri.pref.kanagawa.jp/nosoken/nousankako/norabouna-asaduke-ver1/norabouna-asaduke-ver1-001.htm

グーグルで「のらぼう」で検索したら、日野の方でも作っているみたいですね。
五日市の他に川崎でも作っていると聞いたことはあるんですが。

それとあきる野三里宣伝していただきありがとうございます。
でも五日市ファーマーズでは売ってないんです。スミマセン

投稿: ケン | 2005/03/24 22:10

ケンさん,早速コメントありがとうございます。
最初mixiの日記に書いたのですが、なるべく大勢の方に知ってほしくて、こちらにも同じ内容をアップしました。
「飽きるのも時間の問題」というのは、なんともぜいたくですが、わかる気もします(^^;)。うちでもシーズン中に一度は、あちこちからいただいたのが重なって、今日ものらぼう、明日ものらぼうとなってますね。小松菜なんかだと、炒め物にするとたくさん食べれるんですが、のらぼうって加熱してもあまりかさが減らないの(^^;)。

あきる野三里は、以前あいなで買った覚えがあるのですが、勘違いだったかな。あとで直しておきますね。
リンクがおかしかったのは、そうそう、そのページです。文法間違っていたので、そちらは直しておきました。ファーマーズにのらぼう塩漬け売っていたので、どうやるとおいしくできるんだろうと思っていたら、あのページ見つけたのでした。
川崎でも作っているというのは、私も今日ぐぐってて見つけました。多摩区の菅地区で栽培されていて、五日市のより、収穫時期が早いようです。
今までのらぼうはほんとうにローカルな野菜でしたが、インターネットのおかげで、ずいぶん知名度があがったのではないでしょうか。うれしいような、ちょっとつまんないような(秘密基地を見つけられちゃったような気分)。

ところで、のらぼう、直接多摩農園に買いに行ってもいいでしょうか?

投稿: ドド子 | 2005/03/24 23:01

こんばんは ドド子さん
のらぼうは、飢餓のときの救済作物だったせいか似たような野菜は各地にあるようです。
伊豆諸島の明日葉も似たようなものだと思いますよ。

そうそう ノラボウの買い物ですが、これから毎日食卓に上がるのでいつでも大丈夫です。 ただ前もって言ってくだされば取っておきます。もしなんだったら家の前はよく通るのでとどけますけど

投稿: ケン | 2005/03/25 21:45

ときどき買う「かき菜」という名前で出るのなんかが仲間のようですが、味は違いますね。野沢菜をほかの土地で育てるとああいうものにならないそうですが、のらぼうもき五日市の土地と組み合わさってあの味になるのでしょうか。川崎や日野で育てているところは、土地が五日市と似てるのかな。
明日葉も、抜くのでなく摘んで食べるところはのらぼうといっしょですね。あれはいつ種をまくのだろうかとぐぐってみたら、多年草で、3年後ぐらい開花・結実して枯れてしまうので、開花させないようにすると良いとのことでした。

のらぼうの買い物の件、ありがとうございます。ほんとは今日ほしかったのですが、昨夜深夜帰宅で、ご連絡しておけませでした(^^;)。
明日でもよろしいでしょうか。別途ご連絡します。

投稿: ドド子 | 2005/03/26 13:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: のらぼうの季節:

« オートマ車のブレーキは左足で | トップページ | ウッドデッキ塗り替え »