« のらぼうの季節 | トップページ

ウッドデッキ塗り替え

 久しぶりの更新は、秋にウッドデッキを塗り替えたときの話。

 去年の春、ちょうど新芽どきに、ものすごい雹(ヒョウ)が降り、庭は大被害を受けた。そのときのことをmixiでは日記に書いて写真もアップしたのだけど、ホームページはぜんぜん更新してなくて、すみませんです。
 で、その雹のせいで、ウッドデッキの塗装もハゲハゲになってしまったのだ。
 このデッキ、ウエスタンレッドシダー材をオリンピックステインで塗装してあるが、最初に塗装したとき、2度塗りの費用を節約するため、次のような方法をとった。

 (1)一度目はオリンピックステインの【オリンピック・ウォーターガード】というステインを使用。木をカットする前の状態で塗装。無職透明。
 (2)二度目は、完成したデッキに同じメーカーの【オリンピック・オイルステイン】を使用。表面のみ塗装。焦げ茶色。

 ところが、ウォーターガードを先に塗ってしまったため(だと思う)、二度目に色が浸透しなかった。これは大誤算。しばらくすると、あちこち色が落ちてしまったのだった。ウォーターガードもペンキではなく浸透性塗料のはずだし、購入時にショップの人にそういう使い方をするといったときも賛成してくれていたので、なんだかなあという気分ではあった。

 その後オリンピック・オイルステインで2度塗り替えたが、2度目のとき、思い切っていったんすべてサンダーをかけて色を落とし、それからオリンピック・オイルステインを塗り直したのだが、やはりけっこうムラに色落ちしてしまった。そこへ雹の被害に遭ったため、かなりひどいことになってしまったのだった。

01

 今回の塗り替えに当たり、塗料を別のものに変えてみた。「インウッド」という塗料だ。
 なぜこの塗料を使ったかというと、クオファームという会社から、商品紹介のメールが来たからという単純な理由(^^;)。

 インウッドを使う気になった一番の理由は、他のステイン使用後の塗り替えにもオッケーとあったことだった。デッキ以外の部分(加圧注入材を使った階段やフェンスなど)は国産の別の塗料やキシラデコールを使っていたので、それまでは塗り替えの時も同じものを使っていた。デッキに接続してある階段などは、めんどうなので塗り替え時にデッキと同じ塗料を使ってしまったが、この件については、どうもずっとひっかかっていたのだった。
 その点、インウッドは重ね塗り可を前面に出しているのが気に入った。
 また、オリンピックステインもたしかそうだったと思うが、ホルムアルデヒドや発ガン性物質を含まないという点もうれしい。キシラデコールは、いかにも効きそうだけど、臭いのよねぇ。発ガン性物質だなんだも気になるし。

 その後、ずーっと忙しくて梅雨入り前に塗り替えることができず、夏は暑くて作業する気になれず、秋は遊び歩いていて、結局11月の終わりになってしまった。
 塗装前にデッキを洗ったが、強くこすると古い塗料が落ちる。隣家のDIYの師匠Sさんにスチーム洗浄機を貸してもらって高水圧で洗ったところ、一か所にノズルを長時間当てると見事に色が落ちてしまった。こうなったら再度全部落としてしまいたいところではあったが、全部にそれをやっているわけにはいかないので、全体をざっと洗い、翌日塗り替えることにした。まだ完全に乾いてないので気になったが、夫が説明書を読んだら濡れていても塗装オッケーとあり、これはありがたい。
 塗り替えは、今まで同様布を使ってぞうきん掛けの要領で行った。

 初めて使ったインウッドの感想。

(1)染料が缶の底にたまっていないので、使用前に根気よく攪拌しければならないオリンピックステインにくらべて非常にラクチンだった。
(2)気になるニオイがない。
(3)よく伸びて、デッキだけでなく階段、バルコニーのフェンスまでを1缶で塗ることができた(使用量はオリンピックステインより、少なくてすんだかもしれないが、覚えていないので比べることができない)。

 特に、(1)についてが気に入った。1缶あたりの金額も、オリンピックステインより1,000円ほど安くつくようだ。通販でのみの販売だそうだが、その点については問題なし。
 
 ということで、インウッド、いいじゃん。
 ただ、今ホームページで確認すると、インウッド以外の塗料銘柄で塗装された木材に再塗装する場合の注意書きが、次のようになっていた。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
■ インウッド以外の塗料銘柄で塗装された木材に再塗装する場合は、専用除去剤等を使い以前の塗料を落として下さい。以前の塗料が浸透性塗料であれば上塗り可能な場合があります。
http://www.quofirm.co.jp/includehtml.php?page=in-wood_explanation.htm
−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 前回の塗料は浸透性塗料ではあるが、ちょっとトラブルを抱えていたこともあり、またハゲハゲになってしまわないか、その点が気になるところである。
 とりあえず、今後はインウッドを使ってみるつもり。
 
 以上。報告が遅れて恐縮です(_ _)。
 あとはできあがりの写真です。
 
 04

03

02

05

|

« のらぼうの季節 | トップページ

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウッドデッキ塗り替え:

« のらぼうの季節 | トップページ