インドの旅

 2/7から昨日2/15までの9日間休みをとって、インドへ行って来た。こんなに長い休みは新婚旅行以来だし、新婚旅行のときより長い。
 今回の旅は、ヨガ教室の先生がセミナー参加のためにインド北部の町リシケシにあるアシュラムに行くのに便乗して、教室の生徒+αも連れて行ってもらったのだった。
 教室のホームページはこちら→http://space-be.net

 ヨーガとの出会いは、もう25年ほども前になる。就職した年(1978年)、ひどい肩こりに悩まされていて、配属先の八王子市内で偶然見つけた「ヨガ健康教室」のドアを叩いたのだった。肩こり解消にヨガがいいらしいとどこかで聞いたからだ。当時小平市在住だった東(ひがし)先生(女性)は、ご自宅での教室のほか週に一度八王子にも教室を開いていらした。
 入門の2年後に、結婚を機に転勤して八王子を離れてからも八王子教室へ通っていたのだが、それから2年ほどで会場の都合で八王子教室はなくなってしまった。以降は、たまに先生のご自宅にお伺いしながら10年近くは自己流に毎日続けていた。しかし、その後の転職で不規則な生活となり、だんだんと一日おきになり、二日おきになり、そのうち、ときどきになってしまい、気がつくとかたらはすっかり硬くなって、前屈の姿勢で頭が膝にもつかない。こんなはずではなかったのにと落ち込んで、そんな自分を直視したくなくてますます遠のいてしまった。だから、ヨーガ歴25年といっても、途中の10年ほどはかろうじてヨガとの縁の糸がつながっていたというかんじだ。
 1995年、母の死をきっかけに再度転職し、規則正しい生活に戻った。このままではいけない、もういちどヨーガと向き合いたいと思っていたとき、深澤渓あきる野芸術祭の裏方を手伝っていた弟から、芸術祭にトンボ玉を出品している人がヨガ教室も開いていると聞いたのが、今回インドに連れて行ってくださった飯田先生(男性)との出会いだった。
 2人の素晴らしいヨーガの先生と巡り会えたことが、今回のインド行きにつながっている。以前、東先生からもインドにいらした話を聞いたことがあり、そのころからいつかは行ってみたいものだと思っていたのだった。…と書くといかにもヨーガの修行に行ったようだが、実際には観光(と買い物)が主だったんだけどね(^^;)。それでも、常にヨーガとともにあった旅だった。アーサナ以外にはヨーガのことは実はまだほとんど知らなかったということにも、今ごろやっと気づいた(^^;)。機会はあったのに、興味をもっていないからそれは目に入っていなかったんだということにも。

india001-yoga

 今夜、久しぶりに東先生に電話をし、インドへ行ったことを報告した。とても喜んでくださって、近いうちにお土産を持って遊びに行く約束をした。そのときまでに、先生がインドにいらしたときの写真を探して置いてくださることになっている。
 昔話をしながら、東先生がヨーガを始めたのは38歳のときとうかがった。現在は72歳におなりとのことなので、私が東先生と出会ったとき、先生はちょうど今の私と同じ年齢だったことになる。また、東先生も飯田先生も、40歳前後にヨーガと出会って10年も経たないうちに教師になられた。不思議なご縁を感じた。私は25年にもなるわりには進歩がないが、細く長く、一生続けて行きたいと思っている。インドから帰った今、いっそうその思いは強くなった。

 とまあヨーガがきっかけで行くことになったインドだが、今までヨーガを続けてこられたのは夫の協力によるところが大きい。八王子教室のころは毎週車で迎えに来てくれてほんとうにありがたかった(しかも、食事の準備もできてたし)。今度のインド行きにしても、快く賛成して送り出してくれ、留守中はぬか床のめんどうまで見てくれた夫に、あらためて感謝の意を表したい。ありがとう。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ビザの申請書はなぜ日本語ではないのか?

 年明けにインドに行くのに、パスポートを取得したら、次はビザをとらなければならない。
 海外旅行なんてとんと縁がなかったので、ビザ(入国査証)がなんたるかもよくわかっていなかったが、ビザとは、
−−−−−−−−−−−−−−−−−−
いわば渡航先の入国許可証。パスポートを持っている旅行者が、その国に入国する資格があるかどうかを裏付ける書類だと思えばよい。したがってビザは出発前に日本にある各国の大使館や領事館へ申請して発給してもらう。ただ、国によっては到着時に空港でビザを取得できるところもある。
(「地球の歩き方)」より引用
−−−−−−−−−−−−−−−−−−
というものだそうだ。
(ビザに関してこれとまったく同じ文章がYahoo!トラベルにあるが、どっちがどっちをパクったんだろう?)

 今回のインド行きは、ヨガの先生がインドのリシケシというところに行くのに便乗して生徒8人ほどがくっついていくというもの。先生はじめ何人かは、昨日インド大使館へ行きビザの申請してきたので、そのときに申請書をよけいにもらってきてもらった。なんでも、昨日は9時受付開始のところ9時半に行ったにもかかわらず2時間も待たされたそうだ。12月に入ると混むと聞いてはいたが、まだ11月というのに申請書を出すだけで2時間待ちとは驚いた。

 もらってきた申請書は、こんなのだ→PDF。なんだ、もらってこなくてもインド大使館のホームページにあったんだ。このあいだここは見ていたが、英語なのでなんだかさっぱりわからなかった。たまたま今インドのビザのことを検索していてヒットしたブログのおかげで見つかった。インド大使館、なんて不親切! 読むのは日本人なんだから、日本語化くらいしといてよっ。

 もらってきた申請書を見ると、全部英語だ。大使館は日本にあり、ここにビザをとりに来る99%は日本人だろうに、なんで英語の申請書なんだ? インド大使館、さらに不親切。とりあえず、さきほどのブログで紹介されていたビザの書き方講座を見ながら書く予定。

 ほかの国はどうなんだろう?といくつか調べてみたら、
 中国のビザ申請書は、日本語になっている。PDF
 カンボジアのは英語だった。PDF
 ベトナムは日本語または英語(項目名も両方で書いてある)で親切。PDF。しかも「申請地」欄にはすでに「Tokyo」と入っている。実に親切。
 ブルキナファソ(ってどこ?)はフランス語もしくは英語でタイプ(ワープロ可)。PDF。なんと手書き不可!

 ふーん、ビザといってもいろいろあるのね。インド大使館だけが不親切でないことはわかった。でも、どうせ行くなら、ベトナムや中国のような親切なところに行きたいものだ。
 日本大使館にあるビザの申請書は日本語で書くようになっているのだろうか。それとも現地の言葉になっているだろうか。ベトナムのように両方可だと、「日本えらいじゃん」と思ってもらえることだろう。

 申請は自分で行かないといけないかと思ったら、ビザ代行屋なんていうのを発見。料金は4,700円。インド大使館のある九段下までの電車代は往復で1400円。2度行くと2800円。ビザの取得料1200円。手間を考えたら、頼んだ方が安いかも? どうするか、もうちょっと悩んでみよっと。

| | コメント (3) | トラックバック (0)